31. 鹿児島市グラウンド・ゴルフ協会

鹿児島市グラウンド・ゴルフ協会運動方針(みりょくある協会づくり)
「会員としてグラウンド・ゴルフができて良かった」
健康安全 ――― 元気で
創意工夫 ――― 楽しく
協力一致 ――― 助け合って

会長田口 俊博
理事長宮元 眞須美

グラウンド・ゴルフの特徴

  • どこでもできる
  • ルールは簡単
  • プレーヤーの数に制限がない
  • 準備は簡単
  • 時間の制限がない
  • 審判は自分自身
  • 高度な技術がなくてもできる

沿革・歴史

  • グラウンドゴルフは、昭和57年、国の生涯スポーツ推進事業の一つとして、鳥取県泊村(現:湯梨浜町)の教育委員会が中心となって開発したもの。
  • 昭和58年7月に日本グラウンド・ゴルフ協会が設立された。
  • 鹿児島市グラウンド・ゴルフ協会も昭和60年2月20日より、協会発足を承認
  • 昭和60年6月9日第1回鹿児島市グラウンド・ゴルフ協会会長杯大会がおこなわれ、今年は第36回鹿児島市グラウンド・ゴルフ協会会長杯大会がおこなわれた。

前の記事

30. 鹿児島市クレー射撃協会

次の記事

32. 鹿児島市ボクシング協会