南日本U-12サッカー2022年大会要項

1 趣旨

サッカーに親しむ子供たちの技術向上と心身の育成・発達を図り、大会を通して親睦を深め、相互の友情の輪を広げるとともに、正しくそして創造力豊かな人間を育成しスポーツ振興に努める。

2 主催

南日本U-12サッカー大会実行委員会 / 鹿児島市 / 南日本新聞社

3 後援

鹿児島県サッカー協会 / 鹿児島県少年サッカー連盟 / 鹿児島県スポーツ協会

4 特別協賛(予定)

鹿児島銀行 / 鹿児島トヨペット

5 協賛(予定)

白木建設 / 鹿児島市船舶局 / 共同写真企画 / デサント / モルテン /
南日本新聞開発センター / エーコープ鹿児島 / 竹沢スポーツ店

6 協力

鹿児島市船舶局(桜島フェリー)

7 主管

鹿児島市スポーツ振興協会 / 鹿児島市少年サッカー連盟

8 大会期日

令和4年8月20日(土)~同月24日(水)

〇予選リンク 8月20日(土)~8月22日(月) 〇決勝トーナメント 8月23日(火)、8月24日(水)

9 会場

南栄リース桜島グラウンド(桜島溶岩グラウンド)、南栄リース桜島広場(桜島多目的広場)

10 参加資格

(1)  (公財)日本サッカー協会第4種又は(公財)日本スポーツ協会日本スポーツ少年団に登録しているチーム及び選手を原則とする。但し、2022年大会については鹿児島県内チームに限る。
(2) 上記(1)の条件を満たし、かつ、選手人数不足の場合のみ、合同チームでの参加を認める。但し、予選リンクのみの参加とし予選リンク1位の場合は2位チームが決勝トーナメントへ進出するものとする。尚、合同チームとして参加する場合は単位チームでの参加は認めない。
(3) 選手は、(公財)スポーツ安全協会のスポーツ安全保険に加入していること。
(4) 選手は、小学6年生以下であること。
(5) 選手は、健康であり、かつ保護者の同意を得ていること。
(6) 「健康チェックシート(選手・指導者用、チーム用)」をそれぞれチーム代表者にて取りまとめ受付時に提示すること。(受付にて確認後、返却)
(7) 「観覧者名簿」をチーム代表者にて取りまとめ受付時に提出すること。(受付にて回収)
(8) 別紙「新型コロナウィルス感染防止対策」を遵守すること

11 チーム構成と条件

(1) 1つの単位チーム[(公財)日本サッカー協会第4種又は(公財)日本スポーツ協会日本スポーツ少年団登録チーム]から、2チームまで参加することができる。
(2) 参加チームは、(1)の場合に同時に試合が組まれても対応可能なように、それぞれが次のチーム編成の条件を満たさなければならない。
 ア チーム編成は、監督1名・コーチ2名以内・選手20名以内とする。
 イ 選手については、1つの単位チームから参加する2チームの間で、相互に補充することはできない。
 ウ チームには、常時指導する責任ある指導者が同伴する。
 エ チームには、主審を務めることができる審判員が必ず1名同行する。
(3) チームとして応急の手当てができる薬品等を準備する。
  (万一、選手に事故が発生しても主催者はその責任を負わない。)
(4) 本大会を無届けで欠場したチームは、次回の出場を認めない。

12 大会形式

参加全チームを原則3チームずつのパートに分けて予選リンクを行い、各パート上位1チームが決勝トーナメントへ進出する。参加チーム数の都合上、予選リンクが4チームとなったパートは上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。決勝トーナメント戦では3位決定戦は行わない。

13 競技規則

(1) 準ずる規定
2021/2022(公財)日本サッカー協会制定のサッカー競技規則及び「8人制サッカールールと審判法」の「8人制サッカールール」に準ずるほか本大会競技規則による。
(2) 予選リンク順位決定方法
次のア~オの順で決定する。
 ア 勝点  イ チーム同士の対戦成績 ウ 得失点差  エ 総得点  オ 抽選
なお、勝点は次の方法で算出する。
 勝 3点  分 1点  負 0点
(3) 不戦勝・不戦敗の得点
無届けで欠場したチーム及び棄権のチームは不戦敗とする。
これらの場合及び(5)のアまたはイの場合、不戦勝のチームは10得点を挙げたものとし、不戦敗のチームの得点はなかったものとする。
(4) 試合時間
 ア 予選リンク
  30分間(前後半15分間ハーフ、インターバル5分間)とし、延長戦・PK方式は行わない。
 イ 決勝トーナメント戦
  30分間(前後半15分間ハーフ、インターバル5分間)とする。その試合で勝敗が決しない場合は次のとおりとする。
   (ア) 準々決勝まではPK方式
   (イ) 準決勝以降については、10分間の延長戦(前後半5分間ハーフ、インターバル5分)を行い、
    さらに決しないときはPK方式により次回進出チーム及び優勝チームを決定する。
   (ウ) PK方式については、両チーム3人ずつの競技者がキックを行ったのち、両チームの得点が同じ場合は、
    同数のキックで一方のチームが他方より多く得点するまで、キックは続けられる。
 ウ 飲水タイムを設ける。飲水タイムは、原則1分以内とする。ただし、気温の上昇などを考慮し、
  大会競技委員長の判断で3分以内のCooling Breakを設ける場合がある。
(5) 競技者の数及び選手の交代
 ア キックオフ時に8人の競技者(うち1人はゴールキーパー)が揃っていること。
   キックオフ時に8人に満たないチームは不戦敗扱いとする。
 イ 試合中、様々な要因で競技者が6人に満たなくなった場合は、
   その試合は成立しないものとし、12の(3)により処置する。
 ウ 交代して退く競技者は、交代ゾーンからフィールドの外に出る。
 エ 交代要員は、交代ゾーンからフィールドに入り競技者となる。
 オ 交代はボールがインプレー中、アウトオブプレー中に係わらず行うことができる。(主審の許可はいらない。)
   但し、交代で退く競技者が負傷している場合は、主審の承認を得た上でどこからフィールドを離れても良い。
 カ 交代して退いた競技者は交代要員となり、再び出場することができる。交代の回数は制限されない。
 キ ゴールキーパーは、アウトオブプレーになった時に、主審に通知し、主審の許可を得て交代を行う。
 ク 競技者が退場を命じられた場合は、交代要員の中から競技者を補充することができる。
   主審は補充されようとしている間は、試合を停止する。また、交代要員がいない場合は、そのまま競技を続ける。
(6) ユニフォーム等
 ア 番号は、参加申込書の番号(登録番号)と同一とする。
 イ ただし、フィールドプレーヤーとゴールキーパーが交代する場合にはビブス等を用いることができる。
   その際、ビブスやその他のユニフォームの番号が登録番号と必ずしも合っていなくても良いこととする。
 ウ 番号は、通し番号でなくてもよい。
 エ 広告表示は認めない。但し、ユニフォームへの広告表示については,公益財団法人日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に基づき,公益財団法人日本サッカー協会に承認されている場合のみこれを認めるが、本大会の協賛・協力企業と類似したスポンサー広告は禁止とする。
 オ サッカーシューズのポイント(金属製)の使用は認めない。
(7) 試合球
 モルテン4号検定球
(8) コートのサイズ
 縦68m×横48m~50m
(9) 交代ゾーン
 ベンチ側のタッチラインのハーフウェイに6m(ハーフウェイを挟んで3mずつ)の交代ゾーンを設ける。
(10) ゴールポスト
 少年用ゴールポスト(5m×2.15m)を使用する。
(11) 審 判
 3人制(1人の主審と2人の副審) ※副審は実行委員会が依頼する高校生で対応する。
(12) 警告・退場
 本大会中に累積警告2回を受けた選手は、次の1試合に出場できない。また、退場を命ぜられた場合は、次の1試合に出場できない。その後の処置は、本大会実行委員会にて決定する。

14 参加申込み

(1) 締切日
令和4年7月1日(金)14:00迄
※参加申込、写真データの提出、参加料の振込をもって申込完了とする。
(2) 申込方法 ※①、②両方必須
 ① 参加申込
  下記URLより、PCまたはスマートフォンにて申込ください。
  https://www.kago-spo.or.jp/play/soccer/ 

② 大会誌および新聞掲載用チーム写真の提出
  必ず本文中にチーム名を記載の上、チーム写真を下記メールアドレスへ送信ください。
  【送付先】soccer@kago-spo.or.jp
(3) 参加料
 1チーム7,000円
 ※下記口座へ7月1日(金)14時までにお振込みください。期限厳守
 ※お振込みの名義は必ずチーム名でお願いします。振込手数料はチームでご負担ください。
 【振込口座】
  鹿児島(かごしま)銀行(ぎんこう) 城西(じょうせい)支店(してん) 普通(ふつう) 425761
  南日本(みなみにほん)U-12サッカー(さっかー)大会(たいかい)実行(じっこう)委員会(いいんかい)
(4) 問合せ先
南日本U-12サッカー大会実行委員会事務局(鹿児島市スポーツ振興協会内) 担当:大脇(おおわき)門松(かどまつ)
電話番号 099-248-7718 / メールアドレス soccer@kago-spo.or.jp

15 組合せ

主催者側で行い、大会開催前に南日本新聞紙上ならびに鹿児島市スポーツ振興協会HPで公開する。

16 開・閉会式

今年度は、開会式は行わない。
閉会式は、決勝戦終了後、直ちに行う。※優勝チーム・準優勝チームのみ参加

17 表彰

(1) チーム表彰
 ア 優勝チーム    賞状・優勝旗・優勝杯・トロフィー・メダル・副賞
 イ 準優勝チーム   賞状・準優勝杯・トロフィー・メダル・副賞
 ウ 3位(2チーム) 賞状・トロフィー・盾・メダル・副賞
 エ 5位~8位    盾・副賞
 オ フェアプレー賞(ベスト8進出チームから選出します。)
(2) 個人表彰
 ア 最優秀選手賞(1名)・敢闘賞(2名)
 イ ベストメンバー賞(ベスト8進出チームから選出します。)

18 その他

(1) 仕事都合、日曜参観等に対する配慮(日程・時間、会場の調整)は行わない。但し、離島チームは考慮する。
(2) 参加チームに大会誌を1冊配布する。(その他は有料 1冊500円)
(3) ごみ箱はありませんので、ちりごみは持ち帰る。特に、弁当を業者に注文した場合は、弁当殻は決められた場所に時間内に届ける。
(4) 暑い日が続くと予想され、熱中症等が心配されるので子供たちの体調管理には、十分気を付けること。
(5) 本大会中の事故に対し、主催者・主管者並びに関係者(後援者、協賛社等)はその責任を負わない。
(6) 会場内の感染対策に従うこと。(観戦場所、検温・消毒、スタッフの指示等)
(7) 「健康チェックシート(選手用・チーム用)」は受付にて内容確認後、返却します。大会終了後(又は、敗戦後)2週間保管し、要請があれば直ちに提出できるよう準備しておくこと。期間を過ぎたチェックリストは、チームで責任を持って破棄すること。 ※個人情報のため取り扱いには十分注意すること。
(8) やむなく中止等日程の変更がある場合には、午前6時から7時までの間に、実行委員会事務局又は市少年サッカー連盟から連絡する。
(9) 大会に係る期間において、鹿児島県に「緊急事態宣言」または「まん延防止等重点措置」が発出された場合、および、施設の利用制限等により開催が困難な場合は、実行委員会にて開催可否を協議の上決定する。
(10) 突然の自然災害時においては安全を最優先とし、実施可否を判断する。実施不可と判断された場合は競技役員にて対応を決定するが、対応策がない場合は中止とする。
(11) 参加料については、下記のように取り扱う。
 ① 初日から開催できない場合は、返金する。返金方法は(ア)事務局来所による直接受取、(イ)銀行振込のどちらかとし、(イ)の場合は振込手数料を差し引いた額を返金する。
 ② 大会途中での中止の場合は,試合実施の有無に関わらず返金しない。
 ③ その他、自主都合による参加辞退は、返金しない。

前の記事

ヒストリー